新宿区 任意整理 法律事務所

新宿区に住んでいる方がお金や借金の相談をするならどこがいいの?

借金が返せない

新宿区で借金・債務などお金の悩み相談をする場合、どこがいいのか決めかねていませんか?
どうせ相談するなら、優秀な司法書士・弁護士が相談にのってくれる法律事務所や法務事務所にしたいですよね。
ここでは、ネットで無料相談出来る、おすすめの法律事務所や法務事務所を紹介しています。
新宿区に対応していますし、相談は無料でできるので安心です。
いきなり直接相談するのは少し気後れする、と思っている方にもオススメです。
借金返済・債務の問題で困ってるなら、まずは弁護士・司法書士に相談して、最善策を探しましょう!

借金や任意整理の相談を新宿区に住んでいる方がするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

新宿区の借金返済・多重債務の悩み相談なら、こちらがオススメ。
弁護士対応で、全国に対応している弁護士事務所です。
初期費用が無料だから、今の手持ちがなくても安心です。
代金の支払は、分割払いもOKです。
弁護士への相談料金ももちろん0円!
借金の督促をストップすることも可能です。
個人再生、過払い金、自己破産、任意整理、など、借金に関して相談できます。。
しかも、窓口では365日24時間、いつでも受付してくれます。
フリーダイヤル(電話料金無料)で相談受付してくれるので、お金に困っている方も今すぐ電話受付をすることが可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今スグ!電話受付OK!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性におすすめ!)
全国に対応している、過払いや借金の悩みを相談できる司法書士事務所。
任意整理、自己破産、個人再生など、あなたに適したやり方で、どうしようもないほどの借金問題を解決に導きます。
それと、過払い金の請求は初期費用0円で、取り戻せた過払い金から料金を精算できます。
任意整理においても、和解成功報酬・減額報酬などを一切支払わなくてよいため、おトクに解決が可能です。
債権者数が1〜2件でも対応してくれるのも助かります。
女性スタッフが対応する女性専用の相談窓口もあるので、女性の方も安心です。
まずはお気軽に無料相談からいかがでしょう。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが対応してくれる、女性専用の窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

新宿区の人が債務整理・借金の相談をするなら、まずコレもおすすめです。
「借金減額シミュレーター」という名の、ネット上の借金の診断ツールです。
カンタンな3つの質問に答えるだけで、借金を減らす方法や具体案、毎月の返済額がいくらになるのかなどが分かります。
いきなり司法書士や弁護士に直接相談するのは、少し気後れする。
そんな方にもピッタリです。
しかも無料&匿名で使えます☆
全国対応しているサービスなので、新宿区の人も安心です。

◆特徴◆
  • たった3つの質問に答えるだけ!
  • 借金減額のための方法が分かる!
  • 毎月の返済額がいくらになるのか分かる!
  • 無料&匿名で利用できる!
  • 全国対応!
債務・借金の悩み、無料&匿名で診断・相談してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
匿名&無料で、借金の相談・診断を。



弁護士へ相談前の注意



他の新宿区近くの司法書士・弁護士の事務所紹介

他にも新宿区にはいくつかの司法書士や弁護士の事務所があります。これらも参考にしてください。


●リリーフ(司法書士法人)
東京都新宿区四谷2丁目9
0120-428-001
http://reliefer.jp

●西新宿法律事務所
東京都新宿区西新宿3丁目5-3
03-5908-4858
http://nishi-shinjuku-law.com

●竹下司法書士事務所
東京都新宿区舟町1-12 MKビル 7F
03-3359-9841
take-law.net

●小野寺事務所
東京都新宿区西新宿8丁目5-3
03-3363-6621
http://sogo.onodera-office.net

●東京新宿法律事務所
東京都新宿区新宿2-5-10
03-5919-2760
http://shinjuku-law.net

●米川司法書士事務所
東京都新宿区百人町1丁目17-6
03-3362-7990

●内藤新宿法律事務所
東京都新宿区新宿1丁目31-3 ダイアパレス新宿1丁目220
03-6457-4671
http://nsbengo.com

●新宿法律事務所
東京都新宿区西新宿1丁目19-6 山手新宿ビル 9F
03-3343-3984
http://shinjuku-law.com

●日本司法書士会連合会
東京都新宿区本塩町9-3 司法書士会館 3F
03-3359-4171
http://shiho-shoshi.or.jp

●司法書士たかやま事務所
東京都新宿区新宿4-3-15 レイフラット新宿 レイフラット新宿6F
03-5363-7466
http://takayama-office.com

●諏訪司法書士事務所
東京都新宿区三栄町7番地3
03-5363-8970
http://office-suwa.jp

●弁護士法人泉総合法律事務所 新宿支店
東京都渋谷区代々木2丁目6-9 第2田中ビル4階
03-5365-7025
http://springs-law-shinjuku.com

●藤沢司法書士事務所
東京都新宿区百人町1丁目23-10
03-3366-5335

●司法書士法人JOネットワーク | 登記 供託 相続 会社設立 起業
東京都新宿区 新小川町5-1 ニューリバー51ビル4F
03-3269-9180
http://jo-net.or.jp

●東京司法書士会
東京都新宿区本塩町9-3 司法書士会館 2F
03-3353-9191
http://tokyokai.jp

新宿区にある地元の法律事務所や法務事務所の門をたたき、直接相談するのもアリです。
ですが、「診断シミュレーター」やネットからの無料相談の方が、手軽に気軽に相談できる方も多いのではないでしょうか。

借金の返済や多重債務に新宿区在住で弱っている場合

消費者金融やクレジットカード会社等からの借入れ金で悩んでいるなら、きっと高い利子にため息をついているでしょう。
借りたのは自分ですので、自己責任だから仕方ないでしょう。
ですが、複数のクレジットカード業者や消費者金融から借金していると、金額が大きくなり、とてもじゃないけど返済できなくなってしまいます。
毎月の返済だとほとんど利子だけしか返せていない、という状況の人もいると思います。
こうなってしまうと、自分一人で借金を返済するのは無理と言っていいでしょう。
債務整理をするために、司法書士・弁護士に相談するべきです。
どうすれば今ある借金をキレイにできるか、借入金を減らすことができるか、過払い金はないか、等、弁護士・司法書士の知恵を貸してもらいましょう。
お金・借金の問題の解決は、相談から始まります。

新宿区/債務整理のデメリットって?|任意整理

債務整理にもいろいろなやり方があって、任意で消費者金融と話し合いをする任意整理と、裁判所を通す法的整理の自己破産若しくは個人再生等々のジャンルが在ります。
じゃあこれらの手続きについてどの様な債務整理のデメリットがあるのでしょうか。
これらの3つのやり方に共通して言える債務整理のデメリットと言えば、信用情報にそれ等の手続を進めた事が記載されてしまう事ですね。いうなればブラックリストというふうな状況になるのです。
すると、おおむね5年〜7年ぐらい、カードがつくれなかったり借金ができない状態になります。しかし、あなたは返済金に悩み苦しみこれらの手続を行うわけだから、もうしばらくの間は借金しない方が良いのじゃないでしょうか。じゃローンカード依存にはまり込んでいる方は、むしろ借り入れができない状態なる事によって出来なくなる事によって救われるのじゃないかと思われます。
次に個人再生・自己破産の債務整理デメリットですが、官報にこれ等の手続きをした事実が載ることが挙げられるでしょう。とはいえ、あなたは官報など観た事があるでしょうか。むしろ、「官報とは何」といった方のほうがほとんどじゃないでしょうか。
現に、官報は国が作成する新聞に似たような物ですけれども、信販会社等のわずかな人しか目にしてません。ですから、「自己破産の実態がご近所の方々に広まる」などといった心配はまずもってないでしょう。
終わりに、破産特有の債務整理デメリットですが、1度自己破産すると7年間、再び破産は出来ません。そこは十分配慮して、2度と自己破産しないように心がけましょう。

新宿区|自己破産に潜むリスクとは?/任意整理

率直に言えば世間で言われているほど自己破産のリスクは多くないのです。マイホーム・高価な車・土地など高価格な物は処分されるが、生活していく中で必要なものは処分されないです。
又20万円以下の貯金も持っていてもよいです。それと当面の間数ケ月分の生活するうえで必要な費用百万未満ならば持っていかれる事はないのです。
官報に破産者のリストとして掲載されるのですがこれもごくわずかな人しか見ないです。
また言うなればブラック・リストに掲載されてしまって7年間くらいはローン、キャッシングが使用できない状況になりますが、これはいたしかたない事でしょう。
あと定められた職種につけなくなると言うことが有ります。しかしながらこれも極わずかな限られた範囲の職種なのです。
ですので債務超過で返済する事が出来ない借金を抱えこんでいるのであれば自己破産を進めるのも1つの手段でしょう。自己破産を行った場合これまでの借金が全てゼロになり、新規に人生をスタートするということでメリットの方が大きいと思われます。
又自己破産者は公法上の資格制限とし弁護士や司法書士や税理士や司法書士等の資格は取り消しされます。私法上の資格制限として遺言執行者、保証人、後見人にもなれません。また会社の取締役などにもなれないです。けれどこれらのリスクは余り関係がない場合が多いのじゃないでしょうか。リスクはあまり大きなものでは無い筈です。